その悪夢の正体を探る

 今回は、ウルトラセブン第43話『第四惑星の悪夢』のお話しを致しましょう。実は、この放送回も、着ぐるみ怪獣や宇宙人が、主人公のウルトラセブン以外に登場いたしません。それどころか、正義のヒーローのはずのウルトラセブンが、第四惑星で巨大化して大暴れを致します。大きな統合ビルを破壊し、地球侵略に向かう兵器群(第四惑星の地球侵略部隊)あるいはその軍事基地を一方的かつ徹底的に破壊してゆきます。
 一体、何が起きたというのでしょうか。それは、スコーピオン号テスト飛行でダンとソガ隊員の長期睡眠中に見た夢か幻だったのでしょうか。それとも、地球から遠く離れた場所(第四惑星)で起きた現実だったのでしょうか。一体それは、現実なのか、それとも、悪夢なのか。それは、定かではありません。現実と思いきや、それは悪夢だったかも知れず、悪夢と思いきや、それは現実だったのかもしれません。どちらにしても大切なのは、想定外の出来事に対する常日頃の危機意識、すなわちリスク管理なのでしょう。
 計器類や全自動システムの故障なのか、それとも人間が見逃している機械システムの性(さが)なのか、それとも、地球からはるか遠くの第四惑星の優れた科学技術による誘導なのか、はっきりしませんが、スコーピオン号というロケットは宇宙で制御不能になります。それにもかかわらず、地球に帰還できたソガ隊員は、こうつぶやきます。「俺は見たんだ。…ロボットの長官…処刑される人間…」と、第四惑星で目撃した悪夢のような現実を振り返ります。そして、ダン隊員までもが、そのことを否定しようとはしません。「ロボットが人間を支配している」という第四惑星の、その信じがたい現実を、ウルトラ警備隊の他の隊員たちに伝えようとするダンとソガ隊員なのですが、なかなか信じてもらえなかったようです。
 キリヤマ隊長も、地球防衛軍のさらなる電子計算機システムによる合理化の方向を示し、「みんな、楽になるぞ。」などとおっしゃっていました。ダンとソガの両隊員に対しては、「疲れてるな。ゆっくり静養でもしてこい。」と勧めておられました。悪夢なのか現実なのか区別のつかない、その第四惑星の問題は、いくら考えてみても結論は出てこないのです。少なくとも今は、そのような恐ろしい侵略から地球が守られていることと、そして、その平和な地球の幸運と幸福を、各人が噛みしめて生きていくことが大切なのだ。そういうメッセージが、ナレーションなしのラストシーンで、暗黙に語られているのかもしれません。…

 確かに、このドラマは、それで終わっています。しかし、それでめでたし、めでたしとするには何か物足りないと、この放送回をレンタルDVDで何度も観ながら私は思いました。すると、(余計なことだったかもしれませんが)その悪夢の正体を知りたくなりました。確かに、コンピュータやロボットなどの機械に人間が支配されるような未来を想像することは、恐ろしいことです。しかし、本当に恐ろしいことは、コンピュータやロボットなどの機械そのものではないということに、私たちは徐々に気づいてゆくはずです。
 第四惑星のロボットの長官(歯車が脳内にぎっしりと詰まった官僚)や警察の長(と言っても、軍人)や、そっけない人々(実は、地球人をかくまうと死刑にされると脅されている)や、日常化された『人間どもの死刑』(ロボット支配層による人間の殺戮)や、人間の消耗品化(第四惑星においては、人間はエネルギー資源と見なされている)などなどを観て吟味してみると、そのクレイジーぶりに恐怖を覚えます。日本の過去の軍国主義や情報統制や治安維持の記憶と、それらは重なるところがあるからだと私は思います。
 つまり、本当に問題なのは、第四惑星を統治するロボットの長官らが「人間の命や心を無視した冷酷な政治指導者」になっているという点です。コンピュータシステムによって政策方針やロボット市民たちの健康管理までされている一方、『人間』は彼らの国のエネルギー源、すなわち、消耗品扱いなのです。そして、それが枯渇する未来を見据えて、地球侵略によるその補充(地球の植民地化、および地球人の奴隷化)を考えています。そのような狂気の発想を私たちが笑って済ますことができないことに、本当の恐ろしさがあります。
 また、そのロボット長官と行動を共にしている、第四惑星の『警察の長』なる者も、さらに問題です。常に口の中でアメか何かをこりこりさせつつも、手にムチをたずさえています。ジープに乗って、軍服で小銃をかまえるその部下たちと同様、警察官というよりも将兵です。第四惑星の『警察』は、無表情で問答無用の兵隊集団です。そして、何の罪もなさそうな人間たちを、次々と拘束しては銃殺刑にしています。
 その『人間どもの死刑』は、ロボット長官の言によると「『人間もロボットらしく生きるべきだ。』と主張する連中でね、A級の政治犯だ。」とのことでした。字面(じづら)だけでは理解できないかもしれないので、以下に解説しておきます。その第四惑星では、人間がロボットの支配を受け入れました。それによって、人間の地位は、支配側のロボットたちよりも下になりました。2000年くらい前までは人間が社会で地位や権利を獲得していて、人間らしく自由に生きてゆけたのですが、ロボットに支配されてからは、それができなくなってしまったと考えられます。今や、『ロボットらしく生きる』ということが、第四惑星では「支配的な地位の側になって自由に権利を主張して生きてゆける」という意味になっていたのです。言い換えれば、「『人間も、支配側のロボットと同じ権利で生きてゆけるべきだ』と主張する人間たち」が、支配側にとっては邪魔な存在だったわけです。
 「だからと言って、そんなふうに人間を殺すことなんかないじゃないか。」とか「そんなふうに人間たちを脅して暴力で支配することなんかないじゃないか。」と、多くのみなさんは思うかもしれません。しかし、政治的かつ軍事的に支配する側からすれば、同等の地位や権利を主張する『人間』ほど扱いにくいものはないと判断するのが、当たり前なのです。たとえそれが、普通の一般人(民間人あるいは非戦闘員)であっても、当然そうなのです。このドラマの中で処刑される人間たちの姿や服装に着目していただくとわかりますが、第四惑星で銃殺刑にされる人々はみんな、そのような、ごく普通の民間人だったのです。
 こうした、人間一人一人の命や心を尊重しない政治的支配がどれほど恐ろしいものであるかを、日本の1960年代のSF特撮テレビドラマの一つが描いていたということは、驚きに値します。現代世界に欠けつつある、その豊かな想像力と問題意識に、改めて敬意を表したいと私は思いました。みんなの幸せ(公共の福祉)あっての個人の尊重であり自由であると、致しましょう。仮にそうだとするならば、その当たり前すぎることを、その第四惑星の2000年くらい昔の人間は、ロボット(機械)の頭脳に吹き込むことを忘れていたのかもしれません。あるいは、本来人間の持っている残虐でダークな発想が、ロボット(機械)の頭脳に暗黙のうちに引き継がれてしまったとも考えられます。とにかくそれは「何から何まで計算通り」ではありますが、まどろっこさや面倒くささを排除した、人間一人一人の心や命のことなんかには配慮しない、機械的な冷酷さを感じさせます。

キリヤマ隊長の判断は本当に正しかったのか?

 ウルトラセブン第42話『ノンマルトの使者』は、ネットでも話題になっている作品の一つです。その作品のテーマに私たちは考えさせられます。毎週、宇宙からの侵略者を迎え撃つウルトラ警備隊の面々が、地球の海底でノンマルトの海底都市を発見します。(その間、正義のヒーローのウルトラセブンは、海上で蛸みたいな怪獣と戦っている最中でした。)
 「もし宇宙人の侵略基地だとしたら、放っておくわけにはいかん。我々人間より先に地球人がいたなんて…。いかん。そんな馬鹿な。やっぱり攻撃だ!」とキリヤマ隊長は考え判断して、海底ミサイルを多量に投入して、その海底都市を壊滅させてしまいました。その直後、キリヤマ隊長はこのようにアナウンスします。「ウルトラ警備隊全員に告ぐ。ノンマルトの海底都市は完全に粉砕した。我々の勝利だ!海底も我々人間のものだ。これで再び海底開発の邪魔をする者はいないだろう。」ノンマルトの味方をするナゾの少年と直接出会ったことのあるアンヌ隊員は、その隊長の言葉を聞いて、少し微妙な表情をしていました。
 敵が消滅した安堵感と共に、本当にこれで正しかったのかという、正義に対する小さな疑念が、オンエア視聴者の子供の一人である私にも伝わってきました。正義のためだから仕方がない、というのが私たち人間側の真実なのです。そのテレビ映像シーンのBGMも、人類に対する危機感が鳴り止まないという音楽でした。(でも、悲観することはありません。その残酷さに、誰しもじきに慣れてしまいます。)
 この番組の最後のシーンやナレーションにもあるように、そのナゾの少年の魂は、ノンマルトからの使いとなるべく、海のような広い心を持っていたのかもしれません。また、ノンマルトが地球の先住民で、人間がその侵略者だったのかどうかは、すべてが消滅してしまったために永遠のナゾとなってしまいました。つまり、キリヤマ隊長の判断は、地球防衛という正義のためには正しかったと言えます。しかし、それに反対する別の正義に対しては、間違っていたと言えます。そうしたことは、人間と人間の間でも、その正義と別の正義の間でも、起こり得ていることです。
 この作品を観て思うことは、普段の私たちが、何の疑念も抱かずに、平和だ正義だと口をそろえて言っていることです。戦争のない事なかれ主義が平和なのか。本当に何も悪いことをしないのが正義なのか。否。それは、余りに現実離れした『机上の空論』になってはいまいか。などと考えて、疑ってしまう私の今日このごろです。本当は『平和』って何なのか、そして『正義』って一体何なのか、これを機会に考えてみたらいいかもしれません。

替え歌の代わりに

 NHK総合テレビの『チコちゃんに叱られる』では、キョエちゃんの唄う『江戸川慕情』の替え歌を募集しています。それについて、私には思ったことがあります。Mr.M氏の作詞された歌詞が、かなりの秀作だと、私には感じられました。おそらくは、よくできた替え歌が集まると思います。ただし、私にはその実力がないので、この課題は超難解に思われて、とても替え歌は作れそうにありません。その代わりと言っては何ですが、冗談っぽく軽く英語に翻訳してみました。

 

 "Edogawa" Elegy


 I don't know where to go, I am a stranger
 I happened to arrive on a large stream
 I find you are charming when I'm on the spot
 Ah, ah, ah...h, ah, ah, ah...h!

 Even though I want to leave, it's hard to leave you
 'Cause I am drawn to you, I can't do without you

 Ah, ah, ah...h, a slow and calm streaming "Edogawa"  
 Ah, ah, ah...h, the slow and calm stream in "Edogawa"  
 Ah, ah, ah...h, the slow and calm streaming "Edogawa"  
 Ah, ah, ah...h, the slow and calm stream in "Edogawa"  

 I know I fall in love and I love you ... chut! 

 (So many thanks! Thank you very much!)

 

 何か、演歌なのかポップスなのか、わからない翻訳歌詞になってしまいました。チュッという擬似音(chutあるいはtut)なんかを辞書で探してみましたが、意味的には「ちぇっ」とか「ちっ」という感じなので、少し注意が必要かもしれません。なお、”can't do without...”は、「~無しでやっていけない(済ませられない)」という意味の成句として使ってみました。あと、『江戸川』の翻訳ですが、”Edo river”よりも”Edogawa”のほうが親しみやすい感じがしたので、後者を固有名詞みたいに使ってみました。
 河川の名称を日本語で”kawa”と読むか”gawa”と読むかの法則性は、日本人の私にもよくわかりません。江戸川や利根川隅田川の『川』を”gawa”と読むのに、荒川の『川』は”kawa”と読みます。「ホワィ・ジャパニーズ・ピーポー?(Why Japanese people?)」と厚切りジェイソンさんみたいなことを言われたとして、日本語ネイティブの私でも、これに答えることはできません。そのような意味からも、『江戸川』の英語訳を”Edo river”よりも”Edogawa”で読みをはっきり示したほうが外国人に通じやすいのではないかと、余計なことを考えてみたわけです。
 もちろん、今回の歌詞翻訳についても、何らかの必要不可欠な理由があって翻訳したというわけではありません。むしろ、一種の個人的な頭の体操と見なしていただいてかまわないと、私は思っています。

誤解されやすい言葉

 福祉、福祉と、よく使われるこの言葉は、言い方が簡素化されて、多くの人々の思考停止を招いてしまいました。すでに、私の子供の頃には、一般的に、福祉と言えば「高齢者の福祉」のことを意味していました。確かに当時は、高齢者の扱い方が大きな社会問題の一つになっていました。
 でも、日本国憲法の第十三条には「公共の福祉に反しない限り」とあります。この『公共の福祉』という言い回しは、和英対訳では”the public welfare”です。そもそも、その『福祉』という言葉の意味を、私の手元にある古い国語辞典で調べてみると、「さいわい。幸福。」と書かれています。例えば、『社会福祉』というふうに使われます。また、『福祉国家』というと、「国民の幸福を増すことを目的とする国家。」という意味になります。
 しかし、最近の某国の例をみると、何かおかしなことが起きている気配が致します。その某国の支配下になった地域の年金受給者が優遇されたり、貧困層の若者が軍の兵隊にさせられて戦地に送られたりという、とんでもないことをしでかしている『福祉国家』があるみたいです。その某国は、過去にも、XxXxX紛争後に、当地のインフラ整備を積極的に進めて、当地の人々から家族ぐるみで感謝されましたが、ちょっとここでは言えないような下心があったのかもしれません。戦争被害というものは、いつでも悲惨なものです。昨今の某国からの侵攻で、女子供の多くをいち早く国外避難させたU国は、XxXxX紛争時に起きた当地の悲惨な状況を観ていた近隣国の一つだったということを、敢えてここに記しておきます。
 話を『福祉』について戻しましょう。『福祉』の意味が、私たち一人一人の幸福を意味することから考えを始めましょう。それをよくよく考えてみれば、わかることです。生涯計画が計画通りに行けば実現する、などという単純なことではありません。『公共の福祉』とは(ぼんやりした意味で)「みんなのしあわせ」のことであり、「それを壊さないで、私たち一人一人が個人としての権利を主張し、あるいは責任を持つ」必要がある、と私は思うのです。
 ただし、ネットのウィキペディアなどを閲覧してもわかるように、この『福祉』という言葉については、いろんな方々による学説や意見があります。私のつたない考えなどは、それらの多くの厳密さと比較されるべくもないことは明らかです。ただ私は、一個人としての私なりに考えを示しただけです。だから、最初から絶対的なことを言うつもりはありません。
 実際、『福祉』という言葉は、高齢者を限定として、一般的に使われてきました。私が思うに、そのように一般的に理解されてきたことで、この『福祉』という言葉の意味や実態を発展させることも、成長させることもできなくしてしまったようです。言い換えれば、その言葉の意味の誤解と、その実態の空白が、私たち一人一人の幸福を発展させることも、成長させることも難しくしてしまっていると、考えていいのかもしれません。

 

宇宙人自決の理由をめぐって

 ウルトラセブン第37話『盗まれたウルトラ・アイ』は、この特撮ドラマシリーズとしては異色の内容でした。ウルトラセブンに倒されるべき、いわゆる「火を吐く着ぐるみ大怪獣」が登場いたしません。着ぐるみ宇宙人も、地球に味方する正義のヒーローのウルトラセブンだけでした。着ぐるみ怪獣や化け物を目当てに毎週この番組を観ていたちびっ子たちには、物足りない30分間だったかもしれません。ただし一方、大人に近い視聴者層からしたらば、その話のナゾにのちのちまでも填(はま)ってしまう放送回の一つだったようです。現在のネットを閲覧してみても、この『盗まれたウルトラ・アイ』についての感想や解説で肯(うなず)けるものを多々拝見できると、私は思いました。
 特に、週替わりで地球を侵略しに現れる宇宙人が、今回はいつもとちょっと違いました。恒星間弾道弾という巨大で強力なロケットかミサイルみたいなもので、地球を消滅させてしまおうというのです。そのような理解不可能な武力行使に、人類は直面します。毎週、巨大怪獣や侵略目的の宇宙人に立ち向かってきたウルトラ警備隊は、この宇宙脅威的な兵器にまったく歯が立ちません。しかも、今回の宇宙人は、地球に味方して邪魔をするであろうウルトラセブンの足を止めるべく、スパイ工作員を地球に送ります。その第一の任務は、ウルトラ・アイをモロボシダンから盗むことでした。
 このように、マゼラン星人の思い通りに作戦遂行されてしまう地球側、そしてウルトラ警備隊なのですが、地球の娯楽エリアから発せられる怪電波と、それに対するマゼラン星からの返信内容を解読できてしまいます。そして、モロボシダンは、その工作員が母国の星に裏切られて、地球もろとも消されてしまうことを知るのです。
 侵略するほどの価値もない「こんな狂った星」と地球のことを言って、母国の星から迎えが来ることを健気に待っている、その工作員に、モロボシダンは真実を伝えます。そして、この地球で共に生きようと提案します。しかし、母国の星に見捨てられたことが、どうしても許せなかったのでしょう。そのマゼラン星人は自決することを選ぶのです。
 「なぜ、ほかの星ででも生きようとしなかったんだ。ぼくだって、同じ宇宙人じゃないか。」と、モロボシダンはぼやきます。しかし、彼ら二人との間には、おのおのの正義に対する明確な違いがあったと、私は思います。モロボシダンことウルトラセブンにとっては、地球が「こんな星」でも、他の宇宙人の侵略から守ることに意味がありました。しかし一方、マゼラン星人の工作員からすれば、母国の星のためにいくら思いや力を尽くしても、結局は「こんな星」と共に命を奪われ、粗末に扱われてしまう。そんな意味の無さ、つまり、理不尽さに抗議するために、自決の道を選んだのだと思います。
 ちょっと悲しい話ではありましたが、正義のヒーローがただ怪獣を倒して終わりというよりも、ずっと心に残る、考えさせられる話だと、私は思いました。

人が、力に溺れてしまうと…

 今回は、私の妄想談義を披露いたしましょう。別に気にしない人は、信じなくてよいと思います。私のたわ言に過ぎないのですから、真剣に取らなくて結構です。
 先日、ロシアでは、新たな外交的報復措置として日本人63名のロシア入国禁止を通告しました。確かに、ロシアになんか訪問したくないという人には、あまり響きそうにない制裁措置です。日本側も、即座に対抗措置を表明しました。私は、それは妥当だと思います。
 なぜならば、ロシア側からのメッセージには、大いなる野望が感じられるからです。それが私の妄想あるいは憶測にすぎなければよいのですが、人文的な意見として一考の価値はありそうです。
 つまり、こういうことです。現在のロシアは、帝国主義軍国主義の力による脅しを背景にして、『大露西亜(大ロシア)共栄圏』を目指しているように見えるのです。私は、どこかの国のスパイではありませんから、それに関する機密情報を持っているわけではありません。ただ、そのように考えて想像してみると、今回の入国禁止通告にも不思議と納得がいってしまうのです。
 つまり、目の前の戦争にすべて勝って、ロシア連邦の領土が拡大し、友好国もその影響下に入れて、力による脅しを世界的なスタンダードにできて、世界のほとんどの国がロシアの言うことをきくようになったとします。(あくまでも、仮定の話なので、本気で反論しないでください。)そうなると、世界中の国と地域のほとんどどこへ行こうとしても、日本人63名は、いわゆる出禁になる、というわけなのです。
 ロシアの上層部は、そんなクレイジーな前提で、今のうちに手を打っておこうと考えている可能性があります。折りしも日本では、こどもの日という祝日でした。それにちなんで説明いたしますと、それはどう観ても、特撮ヒーローもの『仮面ライダー』の、世界征服をたくらむ悪の組織『ショッカー』レベルの画策に等しいと思います。私としては、それを馬鹿にしないで、彼らの心の奥底にのめり込んで考えてみることにしました。
 つまり、国家権力の『力』に溺れてしまうと、人間は、人としての心を失くします。すなわち、心が死んでしまいます。したがって、軍事的あるいは謀略的な力の行使を楽しんでいるだけの亡者になってしまいます。それを受けて、無表情で思考停止になっている、しもじもの人たちが増えているようにも見受けられます。『大露西亜(大ロシア)共栄圏』を目指しているなどという言いわけを考え出せるようならば、それは、まだしもマシなのかもしれません。けれども、力に溺れているご自身が人間であることを、彼らは皆、すっかり忘れておられます。その『力』を「人が人を殺す」ために行使する者は、他者から恨みを買うものです。それと同じ『力』で他者から滅ぼされても、誰も同情してくれません。誰もかばってくれないかもしれません。
 そのように反面教師的に考えてみると、力に溺れることは、人間の弱さの一種であり、誰がどんな助言をしてあげても、変えられないことなのかもしれません。それを踏まえた私の結論は、次のとおりです。そのような人間の弱さに立ち向かえる、かの地のロシア人は、今のところ残念ながら一人もいません。行き着くところまで行ってしまうと思います。私たちが、その巻き添えとなって被る損失をいかに最小限に持って行けるかどうかに、民主主義陣営の多くの人々の英知が試されることとなります。

 

必ず、食糧(めし)を、つくる!

 「必ず、犯人(ホシ)を、あげる!」という、テレビドラマ『警視庁・捜査一課長』の決めゼリフを参考にして、今回のタイトルを考えてみました。このドラマを私がテレビで観るようになったのは、コロナ禍での当ドラマの1シーンを観たことがきっかけでした。リモートで4分割にされたテレビの画面で「必ず、犯人(ホシ)を、あげる!」と捜査一課長が言って、部下たちがそれを承知するシーンを見て、私は面白いと思いました。
 また、『科捜研の女』ではヒラの刑事(警部補)と刑事部長(警視)の役分担だった、内藤剛志さんと金田明夫さんが、今度は捜査一課長と庶務担当管理官の役分担で、上下の立場が逆転しているのが、私は面白いと思いました。『科捜研の女』の土門刑事が、ヒラから成り上がった最強の刑事になると、大岩一課長になるのかな、と私は内々では思っていました。
 それはさておき、私は町工場で自営業をする親のもとで育ち、プログラム開発や翻訳関連の会社に勤めたり、今は農作物を栽培し出荷する仕事をしています。産業的に見ると、第2次から第3次へ、さらに、第1次産業へと知見を伸ばしてきました。だから、私は、食糧(めし)は理屈で論じるものではなくて、1年とか半年とか費やして実際に苦労してつくるものだ、と思うのです。
 とはいえ、昨年は、野菜の栽培の生産量は少し伸びたものの、お米の生産量は半減してしまって、うまくいきませんでした。雑草に養分を吸い取られてしまったイネが、十分に成長できなかったのが原因でした。そこで、去年の収穫終了後から、今年の春にかけて、トラクターを借りて、入念に田んぼを耕して、雑草対策をしました。今年こそは、ちゃんと標準に近い収穫量のお米がとれるよう頑張りたいものです。そうすれば、また直売所でお米を出荷できますし、それを食べてくれる人も増えてくれると思います。それがまた、小さな社会貢献となるわけですから、絶対にしくじりたくないものです。